HOME of 物流樹脂パレット販売の決定版

樹脂パレットとは?

What’s Plastic Pallet

樹脂パレットとは?

弊社で取扱している樹脂パレットとは、物流シーンで使用される運搬用架台になります。サイズも1100×1100サイズを中心に最大1810×1810サイズまでラインナップしています。樹脂パレットには用途別に大別して2種類ございます。まず1つ目に輸出用ワンウェイ樹脂パレットがございます。この樹脂パレットは呼び名の通り、海外に製品を輸出する際に使用するパレットになります。2つ目に通い・保管用樹脂パレットがございます。この樹脂パレットは物流倉庫で多く使用される樹脂パレットになります。冷蔵・冷凍倉庫から自動倉庫に至るまで幅広い環境で使用されている樹脂パレットに該当します。

For Export Use One-Way Pallet

輸出用ワンウェイ樹脂パレットとは?

北米・中国・東南アジア・欧州向けに製品輸出用として従来は木製パレットが多用されてきましたが、昨今の輸出用木材梱包材規制により樹脂パレットの使用が増えています。輸出用樹脂パレットの特徴としては木製パレットの代替としての使用となるため、極力安価に抑えるべく超軽量樹脂パレットが開発されてきました。弊社で取り扱っている樹脂パレットは最軽量で6.2kgからラインナップしています。なお自重が軽い分だけ強度面で通常使用パレットよりも劣るため、1回使用のみのワンウェイパレットとして販売しています。ただし、昨今の不況の影響を受けてこのワンウェイパレットを倉庫保管等のケースで使用している例もあります。

For General Use Pallet

構内・保管用樹脂パレットとは?

物流倉庫内もしくは製品出荷用で使用するパレットの事を指します。使用環境によりパレット樹脂原料の選択やパレット重量の選択が必要になります。常温環境にて自動倉庫以外の環境で使用する場合には自重10kg以上の樹脂パレットであれば対応可能です。もし積載物の重量が800kgを超える場合には自重20kg以上の樹脂パレットを選択する必要があります。また冷凍環境で樹脂パレットを使用する場合にはHDPE原料を使用した樹脂パレットが不可欠です。また自動倉庫やラックで樹脂パレットを使用する場合にはパレットの自重+パレット桁サイズ+特殊加工(発泡成型・サンドイッチ成型・フィラー入り)等の情報を加味することが必要になります。まずパレット選定するに当たってそれぞれの用途が明記された樹脂パレットを選択するだけでなく、使用環境を必ず確認した上で、弊社担当までご相談ください。

Foreign Made Plastic Pallet

海外製樹脂パレットとは?

弊社が最も得意とする樹脂パレットシリーズです。長年木製パレットの原材料輸入等で培ってきた海外との取引実績を活かして、海外から選りすぐりの樹脂パレットを安価でご提供させていただきます。海外製パレットの特徴はパレットサイズの豊富さにあります。また原材料もHDPEを使用し、発泡成形を採用しているため、軽量で高強度なパレットが豊富にあります。冷蔵・冷凍環境下での使用から自動倉庫までご使用用途に応じて是非ご相談ください。特にお勧めなのが軽量の構内使用パレットです。国内で購入するよりも間違いなく安価で高品質なパレットを提案することが可能です。

Free Size Ordermade Pallet

フリーサイズ樹脂パレットとは?

従来は樹脂パレットといえばそれぞれのサイズ毎に金型を作らなければいけないため、フリーサイズのパレットを作ることは不可能でした。しかし弊社の取扱いしている樹脂パレットは木材と同様の要領にてプラスチック材を組み合わせて製作する組み立て式樹脂パレットになります。これによりプラスチック材のサイズは限定されますが、その範囲内では好きなサイズ・形にオーダーメイド感覚でご指定いただけます。また大きな特徴は最小ロットが少なくて済む点です。金型を起こすとなると最低10万枚程度のロットが必要ですがこのパレットであれば最少1枚からでも製作することが可能です。木製パレットからの切替で同様のサイズを探しているユーザー様にはぜひおススメの樹脂パレットです。

For Recycle Plastic Pallet

リサイクルパレットとは?

樹脂パレットの原材料として使用済みパレットやコンテナなどをあらかじめ粉砕した原料を使用したパレットのことです。リサイクルパレットでも100%リサイクル原料を使用したものとそれ以下の割合で使用したパレットの2種類がございます。またエコマーク取得済みパレットもございます。品質面に関して、新品原料を使用したパレットとリサイクルパレットを強度面で比較した場合、リサイクルパレットの方が樹脂劣化等の影響で強度が劣ります。しかし価格面で比較した場合には2割程度はリサイクルパレットの方が安くなる傾向がありますので、お客様のご使用環境・用途に応じて最適な樹脂パレットをご提案させていただきます。

メイジエは豊富な国際物流ネットワークを駆使して世界中のお客様へ最適な樹脂パレットの提案を行っております。