「お世話になっている医療従事者に感謝のフェイスシールドを送ろう」は、医療機関の指定が無い参加者の購入分を「”最前線にマスクと防護具を”実行委員会」に寄贈することになりました。

全⽇本ロードレース選⼿権に参戦しているレーシングチーム「HARC-PRO.」(有限会社ハルク・プロ、所在地︓東京都武蔵村⼭市、代表取締役︓本⽥ 光太郎)と、アクションカメラア クセサリの専⾨メーカー「GLIDER-SPORTS」(株式会社メイジエ GLIDER事業部、所在地︓埼⽟県三郷市、専務執⾏役員︓井上 美和⼦)が4月27日より開催している、ワンコインイベント「お世話になっている医療従事者に感謝のフェイスシールドを送ろう」では、寄贈する方が、送付先医療機関を指定しない場合、当社が送り先医療機関を選定することに同意を頂いておりますが、専門ではない我々が選定するよりも、確実に寄贈品が緊急性の高い医療機関へ届くことを願い、 北海道科学大学 客員教授 岸田 直樹氏、帝京ちば 第3内科講師 萩野 昇氏、京都大学産婦人科 池田 裕美枝氏、三陸アーカイブ減災センター 秋山真理氏が4月4日に立ち上げた 「”最前線にマスクと防護具を”実行委員会」に寄贈することを申し出たところ、ご快諾を頂きました。ご購入の際に、送付先住所が購入者と同じであれば、自動的に 「”最前線にマスクと防護具を”実行委員会」 へ送付させていただきます。

●”最前線にマスクと防護具を”実行委員会について
新型コロナウイルス感染症の患者さんを診察・治療する医療従事者の生命を守るサージカルマスク、N95マスク、PPE(医療防護具)等の不足・不安の解消を目指すプロジェクトです(北海道科学大学 客員教授 岸田 直樹、帝京ちば 第3内科講師 萩野 昇、京都大学産婦人科 池田 裕美枝、三陸アーカイブ減災センター 秋山真理)