2022全日本ロードレース第2戦鈴鹿2&4

2022全日本ロードレース第2戦鈴鹿2&4

4月23-24日、全日本ロードレース選手権第2戦が

三重県の鈴鹿サーキットにて、2&4としてJSB1000クラスのみ開催されました。

SDG Honda Racingの名越哲平は今大会より復帰を目指してリハビリを行っていたもの
の、

前週に行われたテスト走行で負傷箇所の状況が芳しくなく、開幕戦に続き欠場させて
いただくこととなり、

チームメイトのSDG Motor Sports RT HARC-PRO.榎戸育寛の1台での参戦となりまし
た。

ライダーが以前より得意としている鈴鹿ということもあり、前週のテスト走行から好
調を維持し、

レースウィークとなっても改造範囲の狭いST仕様の車両にも関わらず、

金曜午前の走行ではクラストップタイムを記録するなど、タイムシートの上位に名を
連ねます。

RACE1ではST仕様でJSBマシンと戦う難しさが顕在化し、混戦に飲まれ12位で終わる結
果となってしまいましたが、

雨模様となった日曜のRACE2では躍動、スタートでアクシデントに巻き込まれ順位を
大幅に落とすものの、

順位を着実に挽回、セーフティカー介入で先行車との差がなくなる幸運もあり、
Honda勢最高位となる4位でチェッカー!

JSBクラスの中でライダーの大きな存在感を示す結果となりました。