ネックマウントとメディアモジュラーとの併用

ネックマウントとメディアモジュラーとの併用

GoProHERO8以降から登場した「メディアモジュラー」と「ネックマウント」は問題なく併用することが可能です。

新型ネックマウントAirはボルトの差し込みが逆側からとなっており、メディアモジュラー無しの状態で、バッテリーの交換が容易にできるようになっております。
HERO7までのスクリューではメディアモジュラーを付けた状態で締め込むことは不可能ですので、メディアモジュラーを装着した場合、必ずGoProHERO8以降の純正スクリューボルトか、当社のGLIDER新型日本製スクリューボルトを使用してください。
HERO7までのGoPro純正スクリューボルトは、メディアモジュラーで使用できません。これは以前から販売されている古い社外製品でも同様の傾向がみられます。
なお、GLIDER新型日本製スクリューボルトは、以下の写真のようにHERO8以降のGoPro純正スクリューボルトより長く作ってあります。強度に関してはGoPro純正を凌駕する性能を目指し、オールジャパン体制で開発にあたり、強度・耐久性能をTOP>よくある質問>日本製スクリューボルト>GoPro社製品添付品ボルトとGLIDER社製2020夏新型ボルトの試験結果(押し込み強度)で解説をしております。

・GLD4638MJ46 アクセサリー 日本製 ネジ (スクリュー)

GoProアクセサリーAねじ(Aスクリュー)長・短セット


・GLD4614GP08j 日本製 長ネジ (スクリュー) 

GoProアクセサリーAねじ(Aスクリュー)


・GLD5611MJ46L 日本製 ネジ 長2本 (mj46l) セット

GoProアクセサリー長ネジ2セット

・GLD5628MJ168 日本製 ネジ (スクリュー) (mj168) チタンホワイト 白 長・短2本セット

GoProアクセサリーねじ(スクリュー)長・短セット白